ホームページ用バナー佐賀県産米2佐賀県産ひよくもち米

佐賀県は日本におけるもち米の主産地です。
なかでも「ひよくもち米」は佐賀の肥沃な土壌に合った品種で、
粘りが強く、
焚いても硬くなりにくく、
もちもち感も抜群。

おこわや赤飯はもちろん、お餅には最高のもち米です。

まんえい堂の本社工場がある神埼市ってこんなところ…
佐賀県の東部に位置し、東は神埼郡吉野ヶ里町及び三養基郡、北は佐賀市三瀬村及び脊振山地を隔てて福岡市、南は九州の大河、筑後川を挟んで福岡県久留米市城島町、西は県都の佐賀市と隣接しています。
 地形は、城原川、田手川及び嘉瀬川の源流部をなす脊振山を最高峰とする北部の山間地域と、同河川が潤す肥沃な平野からなる南部の穀倉地帯とに分別される、縦に細長い形を成しています。
もち米「ヒヨクモチ」を栽培し、もち米作付ほ場の団地化を推進し、全国一のもち米団地を目指しています。

神崎市は、佐賀県の西部に位置します。

田園風景